人生論

恋愛に夢を見たい

自慢じゃないのですが,僕は22歳にしてこれまで一度も恋愛経験というものをしたことがありません.
誰ともいわゆる「付き合った」ことがないんですね.

理由付けしようと思えば,「モテない」とか「男ばっかりの環境のせい」とかいろいろ言えるでしょうが,結局一番大きな理由は自分で恋愛しようとしてこなかったからです.こんなこと言うと負け惜しみに聞こえるかもしれないんですが,そんなに彼女が欲しいとは思わなかったんですね.特に,男ばかりの環境にいると,基本周りのやつらも彼女なんていないですから,それが普通になる.そして,それでも何にも問題がないんですよね.
もちろん,それでも「彼女欲しいなあ」みたいな話はまわりとはするんですが,本音の部分で言うと,僕の学生時代は,その時抱えていた問題で精いっぱいで彼女どうこうについて考える余裕がなかったんですね.(抱えていた問題というのも全く大したことないです笑.中学時代なら「部活しんどい」とか高校時代なら「大学どうしよう」程度のものです.僕が不器用なだけの話です.)

これは,今までの話ですが,将来のことを考えると,「子供は作らないのか」とか「一人で死んでいくのか」といったことも念頭に入れなければなりません.でも僕はいまのところ自分の子供が欲しいとは思っていないですし(これについては今度詳しく記事を書きます.),独身のまま人生を終えるのかと聞かれても,まだ20代だから今考えなくてもいいでしょ,と思っているので,こういった外的要因で結婚を見据えて誰かと付き合うということもない.

他に異性と付き合う要因とすれば,性的欲求を満たすことが挙げられるでしょうが,僕は他人とセックスをしたくないので,この線も消えます.(この話もまた今度します汗.)

付き合う動機

こうなると,僕が誰かと付き合うに至る理由というのは一つしかありません.それは極めて基本的なことなのですが,「その人と一緒に過ごしていて楽しいかどうか」です.

でも,これってすごく難しいことだと思うんですよ.彼氏彼女というのは,いわば自分の親友以上の存在なわけでしょう.でも,自分の中でいったい親友と呼べる存在がどれだけいるでしょうか.たいていの人は片手で数えられる程度の人しかいないんじゃないでしょうか.僕も2,3人くらいなもんです.そして,その中で異性はどれだけいますか,という話なんです.ほとんどの人は自分の親友というのは同性の人でしょう.だって,同性のほうが単純に話す機会も多いし,趣味も合いやすいからです.そんな同性であっても数十年生きてきて,親友と呼べるのは数人程度なのに,どうやって異性の親友(=僕にとっての恋愛対象)をつくればいいのか.もうほとんど無理です,夢物語です.

「じゃあナンパすればええやん」という声が聞こえてきそうですが,そういうものでもないんです.だって僕はそもそも彼女欲しいとはそんなに思ってないんですから.そんなことする時間があったら,家でゆっくりお笑いを見てたいと思ってしまう.
僕の言っていることがいまいちピンと来なくても,休みの日に昼間から街に出て,新しく自分と気の合う同性の友達を作ろうとするかどうか考えていただければ,少しはわかってもらえると思います.
僕が誰かと付き合うかどうかは「その人と一緒にいて楽しいかどうか」につきるんですからその対象が同性出会ったって話は同じことです.(ただ,この論理を敷衍してしまうと,僕の結婚相手は男でもOKになってしまいます.これについても今度また考えます...)

だから,結局僕の言っていることをまとめると「自分は別になんの努力もせんけど,もしばったり自分と相性合う人間が奇跡的に出会うことができたら,その人と付き合ってもいいよ」ということなんです.なんて自己中なんでしょう(愕然).

まとめ

結局,夢が見れるというのは,それが喫緊の課題ではないものに限られます.例示すると,高校に入りたてで「東大に行きたい」と思うのは夢と言えるでしょうが,二浪の冬になって模試がE判定で返ってきても「東大に行きたい」と言っているのは夢云々じゃなく,ただのバカです.(過去の自分のことです…)

恋愛に関しても,結局自分の中で重要なものだと思ってないからこそ,こうやって好き勝手なことを言える.端的に言って,人間的に未熟なんですよね.僕は女性について何にも知らない,自分でこの記事を書いていてもつくづくそう思います.

でも,まあ,未熟なら未熟なりに,その時の考えを残しておくのも意味があるかなと思い,ここでまとめることにしました.いずれにしましても,恋愛論については今の時点でまだまだ書きたいことがあるので,また時間を見つけて記事を書いていきたいと思ってます.

パッと出ない英語での表現集2前のページ

アメリカで暮らしてみたいと思っている人へーDiversity Visaについてー次のページ

関連記事

  1. 自己

    完全に忘れたことは無かったことと同じか

    人間というのは,すぐに忘れる.もちろん,それは全てをすべて記憶すること…

  2. 他者論

    他人の痛みは理解できない

    僕の言いたいことはこのタイトルに集約されてます.結局その人にならない限…

  3. 人生論

    全てがくだらなく思える時がある

    どうでもいいと思える時 ほかの人にも起こるのかはわからないの…

  4. 人生論

    背伸びはすればするほどいいのかー前編-

    「ちょっと背伸びをしてみよう」という考え方があります.自分のキャパシテ…

  5. 自己

    まえがきー自己紹介ー

    みなさん,はじめまして.僕は大場大輔と申します.九州大学工学部に所…

  6. ライフハック

    マッチングアプリ所感

    20代のうちに1回は恋愛経験やっておかないとマズいと感じたので,現在…

カテゴリー

最近の記事

おすすめの記事

  1. 文化論

    本は読むべきかー前編ー
  2. 自己

    まえがきーなぜブログを書こうと思ったのかー
  3. 社会論

    投票に行く意味
  4. 人生論

    全てがくだらなく思える時がある
  5. 自己

    自分がネガティブなひとりごとを言い続ける理由
PAGE TOP