ライフハック

英語学習リソース

僕がこれまで使ってきた中で,特に質の良い教材や情報源をまとめておきます.
想定している読者は全くの初学者ではなく,高校レベルの文法と単語(3000語くらい)を勉強し終えた人を想定しています.

リーディング:東大過去問(赤本)

僕は,ことリーディングに関しては東大英語よりも優れた教材というのはないんじゃないかと思っています.
1.日本語の解答があるので学習しやすい.(当然に思うかもしれませんが,IELTSやTOEFLになると解答も英語のみの教材を使用することになるので,特に初学者にとっては
重要なポイントです.)
2.問題文中に出てくる英単語が基本的かつ重要なものに限られている
一部私大で出題されるような,いたずらに難度の高い単語はなく,リーディングそのものの能力向上が見込める.
(!いうまでもなく語彙力は重要です.英語学習は語彙に始まり語彙に終わると僕は信じてます.)
3.徹底的な論理力
一度目指したことがある人はわかると思うのですが,東大入試というのは科目を問わず,徹底的に受験生に論理を求めます.
英語も例外でなく,東大過去問の演習を積めば英語の論理の要諦をつかめるようになります.
4.出題にかけているコスト
いうまでもなく,入試の問題というのは作成するのに莫大なコストがかかってます.特に東大は,問題の作成,チェックに数十人の教授・スタッフがかかわっているようです.
1年で1回だけの試験と,ほぼ毎週行われているTOEFLの試験とでは,どちらのほうが質が高いかと言えば,それは東大でしょう.
(もっとも,TOEFLの試験は使いまわされてるので,毎週新しい問題が出題されているわけではないんですけどね)
それに全世界の受験者よりも,日本の高校生に対象を絞ったテストのほうが,同国人である我々にとって,よりツボを押さえた問題になっているはずです.
5.記述式
実のところ,記述式の英語の試験というのは国立大学の二次試験くらいに限られます.もちろん,選択式よりも記述式の方が理解は深まるはずです.
6,圧倒的なコスパ
これは決定的です.今まで東大過去問の質の良さについて言ってきましたが,なんと!この試験の過去問25年分をたった2千円程度で購入できるんです.
TOEFLの過去問だとせいぜい5回分で3,4千円とかします.圧倒的でしょう.まさにこれこそ日本が誇るオープンソースです.
7.モチベーション?
他に比べるとおまけみたいなものですが,東大の過去問なのでトップ層の高校生の英語レベルを問題を解く中で知ることができます.
年度によってもまちまちですが,120点中80点(リスニング含む)を取れれば合格者平均はあるはずです.

いずれにしても,リーディングに関してはとりあえず東大過去問はマストです.これを終えてから他の教材に移ってください.

総合:小站教育

こちらは無料のTOEFL&IELTSの過去問演習です.
中国のサイトなんですが,めちゃくちゃ問題の質が高いです.
特にTOEFLに至っては,実際の試験もコンピューターベースということもあり,問題を解く感覚は
本試と全く変わらないほどです.もちろん,解説は全て中国語なんですが,解答を確認して自分で答え合わせする分には
事足ります.利用登録するのに少し手間がかかりますが,その価値は十分にあります.

語彙:iKnow!

これは英単語を学習するアプリです.
英語力はやっぱり「語彙力あってなんぼ」のせかいなので早めに仕上げておくことをおすすめします.

総合:英語学習論(青谷正妥)

これは英語学習の方法論
よくある「なんちゃって〇〇論」じゃなくて,しっかりと研究結果をベースにした内容になっているので,
スッと入ってきやすいです.めっちゃスピーキングを推しの本です.
ちなみにこの著者の「超☆理系留学術」という本もおすすめです.

リーディング:リンガメタリカ

教材に関しては僕はほとんどZ会の教材しか使っていませんでした.理由は簡単で,長文の音声CDがほぼすべての教材についていたからです.
僕は音読信者で,CDのない教材にはどれだけ評判が良くても見向きもしなかったですね.
そんなZ会の教材の中でもリンガメタリカを強くお勧めします.
もしかしたら,今はもっといい教材が出ているのかもしれませんね.この業界の出版ペースは非常に速いですから.

リーディング:Kindle

多読で言えば,Kindleも非常におすすめです.僕自身,本は紙のもので読みたいのですが,
KindleにはKindleなりの良さがあります.
一番大きいメリットが,Word Wiseという機能で,これを使えば,文章中の難しい単語を自動的に
簡単な英語にした注釈をつけてくれるんです.このWordWiseも5段階のレベルがあるので
自分に合ったレベルに登録することで,簡単すぎる単語に注がつくことや,分からない単語に注釈がついていないという
事態を避けることができます. 

スピーキング:瞬間英作文シリーズ

有名どころですが,やっぱりスピーキング対策にはこのやり方が一番いいと思います.
ただ,本に出てくる英文は微妙なものも多いと思うので,
自分で日常よく使う文章をストックしておいて,いずれは自分だけの瞬間英作文ノートを作ることが必要かなと思います.

リスニング:東大キムタツ

正直,日本に実用的なリスニングの教材はほとんどないんですよね.
英語そのものの勉強というよりもいかに資格でいい点を取れるかという勉強法にフォーカスがあたっているので
仕方ないんですけれどね…
特に,ピンクの方はかなりレベルが高いです.

コンプレックスと向き合うー容姿前編ー前のページ

完全に忘れたことは無かったことと同じか次のページ

関連記事

  1. ライフハック

    アメリカで暮らしてみたいと思っている人へーDiversity Visaについてー

    2019/5/20追記:トランプ政権が大幅な移民政策の転換を発表しまし…

  2. ライフハック

    パッと出ない英語での表現集1

    すいません,今月はかなり忙しくてなかなかゆっくりと記事を書く時間が取れ…

  3. その他

    イギリス生活いろいろ

    僕のイギリス生活で得た小さなtipsを紹介します. (さらに&he…

  4. ライフハック

    海外で必要な英語力のレベル

    海外に行きたいと考えている学生や,海外に転勤することになった社会人にと…

  5. その他

    シンガポールのWork Holiday Pass申請手順

    シンガポールでインターンをするのに必須のビザの取得方法についてまとめて…

  6. その他

    トビタテのインターンの見つけ方(工学系)

    *本記事はこの記事と同一内容になっています。僕は「トビタテ留学JA…

カテゴリー

最近の記事

おすすめの記事

  1. 他者論

    物乞いに迫られて
  2. 人生論

    コンプレックスと向き合うー容姿前編ー
  3. 文化論

    国語教育の重要性ー後編ー
  4. 自己

    まえがきー自己紹介ー
  5. 人工知能

    外国語を学ぶ必要はなくなるのか
PAGE TOP