自己

まえがきー自己紹介ー

みなさん,はじめまして.
僕は大場大輔と申します.九州大学工学部に所属していて(現在はイギリスに留学中ですが),情報工学を専攻している大学生です.ここでは簡単に僕の自己紹介をしたいと思います.
大阪出身で,二人兄弟(僕は兄です),年齢は22歳で,趣味は読書とお笑いの動画を見ること.特に,作家でいうと内田樹さん,漫才に関してはナイツ,コントでは東京03が大好きです.自分の長所は割と行動力があること.短所はめんどくさがりで,かなり人見知りをすることです.この短所二つは長いこと直そうとしているのですが,なかなか治らないですね…
他に特筆すべきことと言えば,実は僕,二浪しているんです(実際は短期間,ほかの大学に在学していたのですが,すぐに辞めてしまいました.また今度,詳しく書きます),しかも,留学によって一年留年しますし,この留学が終わっても引き続いて大学を休学し,長期のインターンシップをするので合計二年卒業が遅れます.結局,もし高校卒業後すぐに大学に通っていれば,この春から就職だったのに,実際はこの春から大学に入ってくる新入生と一緒に卒業するわけです.すごいモラトリアムですよね笑.

自己紹介の意義

さて,このくらいで十分でしょうか.
こんな感じで自分についてある程度説明をしました.新しくブログを開設するので,挨拶代わりの自己紹介です.ちょうどいい機会なので,自己紹介について少し考えてみましょう.一般的に我々は,何かを始めるとき―クラス替えや就活など―に自己紹介をします.そもそも我々はなぜこういった行為をするのでしょうか.それは自分自身のことを自分で説明することで「私」という存在の特徴を正しく聴き手と共有し,今後のコミュニケーションを円滑にするためです.(と,昨年九大で授業をされた電通の方が言ってました笑)
相手の情報を前もって知っているから,聴き手はあらかじめ話し手がどんなことを言うのか,ある程度想像することができる.さらに,相手の立場を知っているからこそ,その発言に至った背景・経緯を推し量ることができるのです.そうなると当然,自己紹介というのは,自己開示の一形態であると言えるでしょう.より自分の情報を出していったほうが,そうでないときよりも今後のコミュニケーションが円滑になる可能性が高い.
お気づきの通り,このブログで僕はある程度,個人情報を公開したうえで投稿していきます.やってみればわかると思うのですが,実名でのブログ開設というのはなかなか勇気がいります.今の世の中,何がきっかけで炎上するかわかりませんし,誰かが僕になりすます可能性がありますから.それでも,僕がネットで名を名乗るというのは,今後みなさんが僕のメッセージを正しく受け止めるうえで,必要不可欠な要素だと考えているためです.

匿名と実名の違い

端的に言って,名前を名乗るのと匿名でいるのでは訴求力が全く異なります.匿名ならば,好き放題やりたい放題に書きたいことを書けますが,署名をつけて文章を書く場合は書いたものに対して自分が責任を負わなければならない.見当違いのことや考えの浅いことをむやみに書いてしまうと,僕自身の人間としての価値を値踏みされてしまいます.だから,一つ一つの記事は時間をかけて何回も推敲して納得のいくものをアップロードしていくことになる.記事の数は少なくなるかもしれませんが,当然その文章の質は自分だけのために書いたエッセイよりも高くなるはずです.また,後で詳しく説明しますが,基本的にこのブログで僕は自分の身の回りのことについて自分の考えを書いていくつもりです.これが意味することはつまり,僕は世間に対して自分の人生,生き方を表明し,その責任を負わなければならない,ということです.実は僕,去年同じようなブログを匿名で開設したのですが,2,3記事投稿しただけで放置していました.でも,これからはそういうことはやりづらくなる.少なくとも,ブログを放置したらブログが「放置されている状態」として僕の名前と一緒に記録に残ってしまうわけですから.

それでは,この,自分の存在を世間に対して責任を取るという形で得られる訴求力というのはどんなものか.
それは信頼以外の何物でもありません.僕はこのブログで,できる限りみなさんに「こういう考えの人もいるんだな」とわかっていただきたい.そして,しっかりとメッセージを受け取ってもらうためには,みなさんに僕のことを「ある程度,こいつは信頼できる奴だ.少しくらいは耳を傾けてやろう」と思っていただかないといけないのです.東大生が「学歴なんて関係ないよ」というのと,無名大学の学生が「学歴なんて関係ないよ」というのとで意味合いが変わってくることと一緒で,同じことを言っていても話し手の立場によって聴き手の受け取り方は変わってしまう.この点において,僕は積極的な自己開示を行い,みなさんに話を聞く準備をしていただこうと思っているわけです.

・・・

とまあ,長々と書いてきましたが,要するに書き手の「個人情報」というものを明らかにすることでその文章に「信頼性」をもたせることができるんだよ,といいたかったわけです.言ってしまえば,ただのトレードオフですよね.
その意味でも,最後に一つ言っておきたいことがあって,僕は別に実名が良くて匿名が悪いと思ってるわけではありません.匿名なら匿名なりに,気軽に書き込めるとか,普段の自分を意識しなくて済むとかのメリットがあるでしょう.仮に,ネットへの書き込みがすべて署名付きでしなければならないとなると,それはそれで窮屈な社会だと思います.要するに,書き込むものの種類によって使い分ければいい.そして,このブログは匿名でなく実名で書くべき類のものである.それだけの話なんです.話が長くてごめんなさい.

続きます

学内奨学金年次報告次のページ

関連記事

  1. 人生論

    恋愛に夢を見たい

    自慢じゃないのですが,僕は22歳にしてこれまで一度も恋愛経験というもの…

  2. 人生論

    コンプレックスと向き合うー容姿前編ー

    はじめに人間,誰しも大なり小なりコンプレックスを持っていると思…

  3. 人生論

    全てがくだらなく思える時がある

    どうでもいいと思える時 ほかの人にも起こるのかはわからないの…

  4. 自己

    まえがきーなぜブログを書こうと思ったのかー

    初回の投稿で,僕の自己紹介を行いました.(まえがきー自己紹介ー)今…

  5. 人生論

    背伸びはすればするほどいいのかー前編-

    「ちょっと背伸びをしてみよう」という考え方があります.自分のキャパシテ…

  6. 自己

    完全に忘れたことは無かったことと同じか

    人間というのは,すぐに忘れる.もちろん,それは全てをすべて記憶すること…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の記事

おすすめの記事

  1. その他

    シンガポールのWork Holiday Pass申請手順
  2. その他

    トビタテのインターンの見つけ方(工学系)
  3. 人生論

    背伸びはすればするほどいいのかー前編-
  4. 文化論

    知識は中途半端にあると危険であるということについて -前編-
  5. その他

    イギリス生活いろいろ
PAGE TOP